メニュー

【体験談あり】彼氏ができない7つの理由や人の特徴は?対処法を解説

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「彼氏ができない……」と悩んでいませんか?

そろそろ結婚適齢期が過ぎてしまうと、焦っている方もいるかもしれません。

恋愛は人生の喜びの一つでありながら、なぜかうまくいかないと感じるときもあります。

本記事では、彼氏ができない理由や特徴を深掘りし、7つの対処法を詳しく解説します。

実際に彼氏がなかなかできずに悩んでいたけど、無事に恋人が作れた方の体験談も掲載するので、ぜひご参照ください。

この記事を最後まで読めば、自分自身に何が足りないのか、またはどのような点を改善すれば恋愛がうまくいく可能性が高まるのか確認できます。

目次

【結論】彼氏ができなくても悪くない

彼氏ができなくても、それ自体が決して悪いことではありません。

人生において充実感を与えるのは、自分が楽しめたり夢中になれたりする活動を見つけることです。

その活動が仕事であったり、趣味であったりする場合もあります。

彼氏がいることは、必ずしも幸せとは限りません。もし今仕事に集中したいと思っているなら、まったく問題ない健全な状態です。

恋愛は、好きな人と過ごす幸せな時間をもたらしますが、同時に仕事や趣味など、自分だけの時間も大切にしたいと思うときもあります。

それでも彼氏が欲しいと思うなら、次章から読み進めてみてください。自分に合った恋愛の仕方を見つけるためのヒントをまとめました。

彼女いない歴=年齢は全体の4割弱

婚活・恋活や街コンなどのメディア「e-venz(イベンツ)」を運営するノマドマーケティング株式会が次のような調査結果を発表しました。

2021年10月に発表したデータによると、彼氏がいない歴と年齢が同じ方の割合は全体の36.5%(約237名)です。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000059676.html

「彼氏いない歴=年齢」の状態にあるとしても、あなたは一人ではありません。

同じような状況にいる女性が、ほかにも多く存在します。

年齢別に見ると、20代・30代のカテゴリであっても、30%〜41%が「彼氏いない歴=年齢」と回答しています(下記の図を参照)。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000059676.html

結婚適齢期の女性であっても、10人中3人が彼氏がいた経験がない状態です。

なぜか彼女ができないあなたへ!8つの理由と対処法を徹底解説」では、男性の「彼女いない歴=年齢」は全体の4割ほどとお伝えしています。

つまり、男性だけでなく女性も恋愛におけるアプローチや出会いの機会を見つけるのに苦労しています。

そのため、過度に心配する必要はありません。

自分自身を理解し、どのように自分を改善し、恋愛の機会を広げることができるかに焦点を当てていきましょう。

恋人が欲しくない理由は?

現在彼氏がいない方の中には、恋人が欲しくないと思っている場合があります。

理由は人それぞれ異なり、まとめると以下の通りです。

  • 彼氏がいると面倒くさい
  • 恋愛をする気分ではない
  • 出会いがない

彼氏がいると面倒くさい

一部の女性は、恋愛関係における感情的なやりとりや、相手とのコミュニケーションが面倒くさいと感じています。

恋愛には、相手を理解し、信頼関係を築くための時間とエネルギーが必要です。

このような努力を必要とする関係性を面倒と感じ、自分の時間を自由に使いたいと考える女性もいます。

恋愛をする気分ではない

現在の生活状況や心理状態によっては、恋愛をする気分になれないケースも少なくありません。

以下のようなさまざまな理由で、恋愛に意欲が湧かない場合があります。

  • キャリア構築に集中している
  • 自己成長に励んでいる
  • 単純に恋愛以外のことで精一杯である

出会いがない

適切なパートナーに出会う機会が限られている、あるいは全くないと感じている場合も、恋人を作る意欲が低下する一因です。

忙しい日々の中で社交的な活動に参加する時間がなかったり、周囲に魅力的な異性がいなかったりすると、自然と恋愛への興味が薄れていきます。

また、オンラインデートや社交イベントに不信感や否定的なイメージがあると、足取りが重くなりやすいです。

彼氏ができない7つの理由や人物の特徴

彼氏ができない理由やできない方の特徴には、いくつかあります。主に下記の7つをチェックしましょう。

  • 仕事や趣味に没頭しているから
  • 消極的だから
  • 自信がないから
  • 過去の恋愛にトラウマがあるから
  • 理想が高すぎるから
  • 結ばれにくい方を好きになっているから
  • 性格に問題があるから

詳細は以下の通りです。

仕事や趣味に没頭しているから

仕事や趣味に没頭している女性は、自己実現や成就感を求め、その過程で大きな喜びを感じています。

これらの活動に深く熱中すると、恋愛に対する関心が高まりません。

なぜなら、キャリアを積極的に追求している場合や趣味が人生の重要な部分を占めている場合は、これらの活動に時間とエネルギーを優先するからです。

仕事や趣味に注力する生活を選択することは、個人の価値観や生活スタイルに基づいているため、それ自体が悪いわけではありません。

しかし、このような生活を送る女性は、パートナーを見つけても、その関係を維持するのが難しい場合があります。

恋愛関係は相互の時間や労力を要するため、仕事や趣味が常に優先されるとパートナーが疎外感を感じてしまい、別れてしまうのです。

消極的だから

消極的な性格は、恋愛の機会を逃す大きな要因です。自ら積極的に行動しないと、可能性ある出会いを見過ごしてしまいます。

特に、日常生活が職場と自宅の往復に限られる場合、新しい出会いが自然と減ってしまうため、注意してください。

恋愛においては、自分から積極的にアプローチすることは重要です。

待っているだけではいい方と出会えませんし、気になっている方と望む関係を築けません。

積極的に出会いを求めず、恋愛が自然に訪れることを期待すると、多くの可能性ある関係を見逃してしまいます。

自信がないから

自信の欠如は、恋愛において壁となる場合があります。

自己評価が低いと、異性とのやりとりで消極的になり、初対面や会話でまともに自己紹介ができません。

自分を適切に表現する不安や、相手からの評価を過度に恐れることが原因として考えられます。

また、自分には価値がないと感じると、他人からの関心を持たれる機会を意図的に避けてしまいます。

恋愛のチャンスが訪れても、自分を十分に魅力的だと思えないために、その機会から逃げてしまうのです。

このような行動は、自己肯定感の低さから来ています。自分の内面や能力を過小評価し、他人との関係構築においても消極的になりがちです。

恋愛の場に限らず、人間関係全般において影響を及ぼす問題と言えます。

過去の恋愛にトラウマがあるから

過去の恋愛において、ネガティブな経験、例えばDV(家庭内暴力)やモラハラを受けた経験があると、新たに恋愛に前向きになれません。

これらの経験は深い心的傷となり、新しい関係に対して不信感や恐怖を持つ原因です。

過去に受けた傷が癒えていない状態では、他人を信頼し、心を開くことが困難になり、恋愛を避ける傾向が強くなります。

理想が高すぎるから

理想が高すぎることは、恋愛において彼氏ができにくい一因です。

多くの方が求める理想的な特徴、例えば経済的な安定、優しさ、外見の魅力などを全て兼ね備えた相手を見つけるのが非常に難しくなります。

現実には、完璧な人間は存在しません。誰もが何らかの欠点を持っているため、清濁合わせ持つ必要があります。

結果として、恋愛のチャンスを自ら狭めてしまいます。

理想を追求すること自体は悪くありませんが、実現可能な範囲での理想を設定することが重要です。

結ばれにくい方を好きになっているから

結ばれにくい相手に惹かれることは、恋愛を難しくする一つの理由です。

既婚者や既にパートナーがいる方、あるいは芸能人のように手が届きにくい存在を好きになると、その感情は実際に恋愛関係に発展しにくくなります。

このような状況は、しばしば一方的な感情に終わり、恋愛が成就することはまずありません。

人を心から好きになること自体は美しいことですが、恋愛においては現実的な視点を持ちましょう。

現実には、双方向の関係性を築ける相手と出会い、恋愛を発展させることが望ましいです。

結ばれにくい相手への想いに固執してしまうと、ほかの可能性ある関係を見過ごすことにつながりかねません。

性格に問題があるから

性格上の問題が恋愛の障害となるケースもあります。

特に、自分自身を守るために無意識にとる態度や行動が、彼氏を作る上で障害になる場合です。

具体的には、隙がない、感情を見せずにガードが固い、被害者意識が強いなどの特性は、他人から近づきにくい印象を与えるリスクがあります。

これらの性格は、過去の経験や自己評価の低さから生じ、自分を守るための無意識の防衛機制として機能している場合があります。

自己肯定感が低いと、自分の弱みや欠点を他人に見せることを恐れ、その結果、他人と深い関係を築けません。

彼氏ができないときの対処法7つ

彼氏ができないと感じたときに、試せる効果的な方法は下記です。

  • 彼氏が欲しい理由を考える
  • 自分の弱点を確認する
  • 自己肯定感を高める
  • 外見を磨く
  • 男性と話す機会を増やす
  • 男性を減点方式で判断しない
  • 打ち込めるものを何か見つける

対処法を7つ、それぞれ確認しましょう。

彼氏が欲しい理由を考える

冒頭でお伝えしましたが、彼氏がいないこと自体は悪くありません。

迷っていたら、彼氏を作ることに意味があるのか、本当に彼氏が欲しいのかを一度じっくり考えましょう。

なぜなら、単に彼氏が欲しいなどの理由だけで恋愛を始めても、関係はすぐに終わってしまう場合があるからです。

もし「本当に彼氏が欲しいのか」がはっきりしない場合、まずは自分が心から好きになれる方を見つけるのもいいのではないでしょうか。

たとえば、数ヶ月の期間を設けて積極的に出会いを探し、その間に適切な方が見つからなければ、その結果を受け入れます。

彼氏が欲しくなったタイミングで、恋愛活動を再開するだけです。

焦らずに、意味のある関係を築くことを推奨します。

自分の弱点を確認する

「彼氏ができない7つの理由や人物の特徴」を参考にして、自分が改善できる部分を探しましょう。

性格に関する部分は変えにくいかもしれませんが、重要なのは自分の弱点と向き合うことです。

異性からマイナスに見える可能性のある行動や特性を、客観的に把握すると気づきが増えるようになります。

一例として、男性に対する条件が多過ぎる場合はどうでしょうか?

このような方は条件に合致しない相手に興味を持たないため、異性の良い点が見えず無意識に見下していると感じるはずです。

このように、自分を客観視する重要性は計り知れません。

友人や信頼できる人からフィードバックを受けると、自己認識を深めるのに役立ちます。

自己肯定感を高める

自己肯定感を高める過程では自分自身の内面に目を向け、どんな時も「無条件で自分には価値がある」と認識し続けることが重要です。

特に恋愛においては、過去の失敗や拒絶の経験から自己否定に陥りがちですが、それらの経験は自分の価値を減じるものではありません。

フラれた経験から学ぶべきは、その痛みや失望感を乗り越えた自分自身の強さです。

自己否定のスパイラルに陥るのではなく、失敗や挫折を成長と自己発見の機会と捉えると、自己肯定感はさらに強化されます。

再度恋愛を始める際には、過去の経験を教訓として、より健全な関係を築くための指針としましょう。

異性との付き合いを過度に恐れるのは、実際には自己肯定感の低さが原因です。

自分自身を愛し、尊重することから始めて、自信を持って前進しましょう。

自己肯定感が高まれば、自然と人生における多くの面でポジティブな影響が見られるようになります。

外見を磨く

外見を磨くことは、自己表現であり、自信を持って社交的な場に臨むために重要です。

異性からの印象は、第一に見た目から形成される場合が多く、自分をよく見せるためには外見に気を使う必要があります。

表面的な美しさを追求するだけではなく、自己ケアの一環として自分自身を大切に扱う意味もあります。

一方で、おごられて当然の態度や下品な話し方は、どんなに外見が整っていても大きなマイナス点です。

このような態度は、自己中心的で尊敬に欠ける印象を与え、異性だけでなく周囲の人々からも敬遠される原因となります。

つまり、相手から見られる意識を持つことが大切です。異性にとって不快にならないように気をつけましょう。

男性と話す機会を増やす

男性と会話する機会を増やすことは、彼氏を作る上で大切なステップです。

実際に、彼氏ができない多くの女性が直面している問題は、単純に男性と交流する機会が不足している点にあります。

この問題を解決するには、より社交的になり、さまざまな場や活動に積極的に参加することです。

例えば、趣味のクラブやボランティア活動、オンラインコミュニティなど、共通の関心事を持つ集まりに参加すれば、自分と近い価値観を持つ方と出会えます。

共通の話題があるため、会話がスムーズに進められ、自然に関係を深めることが可能です。

また、共通の関心事がある場では、自分が真に楽しんでいる活動に没頭しているため、よりリラックスした状態で対話を楽しめます。

自分自身をより自然体で表現し、相手にも自分の魅力を十分に伝えられるメリットも大きいです。

男性を減点方式で判断しない

異性をポジティブな視点で見ることは、健全な恋愛関係を築く上で不可欠です。

相手に対して厳しい基準を設け、小さな欠点で減点を積み重ねてはいけません。

このようなアプローチは、相手の良い面を見過ごし、可能性ある関係を見逃す原因となるため、注意してください。

重要なのは、その人の長所や魅力を認識し、その人全体を受け入れられるかどうかです。

相手の良い面に焦点を当てることで、より深いつながりと理解を築けるようになります。

気になる異性を見つけたら、その方の全体像を見るようにしましょう。

一つや二つの欠点を理由にその人を見過ごすのではなく、その人の全てを包括的に評価することが大切です。

相手を減点するのではなく、加点する視点を持つことで、より充実した恋愛ができるようになります。

打ち込めるものを何か見つける

何かに情熱を持って打ち込むことは、女性をより魅力的に見せる要素です。

仕事だけでなく、趣味などに深く関わると、自己成長し自信を養えるため、結果として自己肯定感も上がります。

このような女性は魅力的です。

自立していて目標に向かって努力できる「芯のある女性」として、多くの男性から好印象を持たれます。

自分自身の興味や情熱を共有すると、会話がより豊かで意味があり、深いつながりを築くきっかけになる場合があります。

また、自分の世界に没頭すると、恋愛以外の幸福や満足感があり、恋愛に対する健全なバランス感覚を保つことが可能です。

【事例あり】彼氏ができずに苦労した体験談

ここからは、彼氏ができずに苦労していた女性たちが「最終的に恋愛を成就させた体験談」を3つ紹介します。

【体験談1】30代会社員女性@大阪府

5年ほど前、彼氏ができないことに悩んでいた時期がありました。30代前半の頃です。

その少し前、長らく付き合っていた方と同棲までして結局別れてしまいました。

自分の中の「その方のことを考えていた部分」がからっぽになって、寂しくなりました。あと、私は結婚、というよりも子供が欲しかったのです。

同僚と一緒に何度か合コンに行ってみましたが、だめでした。

偏見かもしれませんが、30代前半でそこそこ見目のよい男性は、身体だけの軽めの関係(1回限りの関係ではなく、安定したセフレ的な存在)を探しているような印象を受けます。

恋人関係になれたとしても、とても結婚を望める関係にはなれません。

なぜなら、ご飯屋さんの気軽な初対面で「結婚して子供が欲しいです。真面目なお付き合いがしたいです」と言おうものなら、男性のみならず女性にも、重すぎて引かれてしまうからです。

そこで私が勇気を出して決断したのが、マッチングアプリです。

当時はまだ今ほどたくさんのアプリがある時代ではなくて、ネットで恋人を探すことに対して、なんとなく心の中のハードルが高い時でした。

しかし、いざ使用開始してみると、プロフィール欄を真面目に書くことができるのは、とてもありがたいことでした。

「結婚を見据えたお付き合いを」といくらでも書けるし、相手のプロフィールの熱量によって、お付き合いについての感じ方の合わない方を除外していくことができます。メリットの大きいシステムでした。

今は、そのアプリで出会った方と数年のお付き合いをし、結婚しております。あの時勇気を

出して、マッチングアプリを試してみて良かったと心の底から思います。

今ではマッチングアプリも、数年で、使用へのハードルがグッと下がって使いやすくなっていると思います。若い方の恋活を、新しいシステムの使用を、応援しております。

体験談に対するコメント

この体験談は、損切りして別の環境で探す重要性を伝えています。

特に、マッチングアプリへの挑戦は、社会的認識にもかかわらず、結婚という目標達成へと導いた大胆な一歩です。

マッチングアプリ黎明期に登録できたのは、大きな勇気だと言えます。

結果的に、彼女が望む関係を築き結婚に至ったため、正しい行動だったことを意味します。

【体験談2】40歳女性事務員@広島県

30歳で彼氏と別れ、それから5年間誰ともお付き合いをすることはありませんでした。

その間、数人紹介されましたがお相手と性格が合わず断念。だんだんと同性の友人と遊ぶ方が楽しくなり彼氏が欲しいとさえ思わなくなっていきました。

36歳の春に近所の方が声を掛けてくださり、男性を紹介してくれました。

その方は積極的でぐいぐい来ます。「大丈夫、一回だけ会ってみて!会うだけ!」と押され結局会う事に。

相手も同い年なのでそこまで彼女が欲しい、結婚したいという意思がなかったようで、その時はたわいもない話しをして終わりました。

帰宅して考えてみると、なんとなく居心地が良かった事に気付きます。そしてそれからも会うようになります。

お互いに結婚がゴール地点ではないため、それぞれ住んでいる家で今も暮らし、休日に会っていろんな場所に行って楽しんでいます。

先々を考えて不安になるのではなく、まず会ってみるという行動をして良かったです。その後もすれ違いは出てきますが、お互いを思いやることでどうにか解消しています。

体験談に対するコメント

この体験談から学べるのは、恋愛や結婚に対する固定観念にとらわれず、相手と出会う重要性です。

初めは特に強い関心がなかったにも関わらず、実際に会ってみると相手の良さを発見し、居心地の良い関係が築けたという点は、恋愛観に新たな視点があります。

予期せぬ出会いが、人生において大きな意味がある点を実感させてくれる内容です。

【体験談3】38歳女性パート@埼玉県

今は結婚もしていますが、20代の若い時に初めて彼氏を作るまでに相当苦労した経験があります。

その理由は、小学生のとき男子児童からのいじめに遭い、それ以来男性恐怖症になってしまったことが原因です。

男子との会話が苦手でずっと学生時代を過ごしたため、彼氏どころか男友達もできませんでした。

就職してからも、しばらく若い男性に自分からは話ができないでいました。

そんな時、職場の女性の先輩が退職するため、仲の良いメンバーで送別会を開きます。そこに来ていた何名かの若い男性がとても良い方だったので、自然と自分は話せました。

これをきっかけに、私は男性と普通に話せるかもしれないと自信が持てるようになり、少しずつ男性に話しかけるようにします。

すると、そのうちに飲み会のお誘いも来るようになり、そこで知り合った方と出かけたりするうちに、ある方とお付き合いをすることになりました。

と言っても、その時の年齢はすでに25歳くらいだったので初めて彼氏ができたのは周りの人より遅いと思います。

その時に思ったのは、自分が変わらないと状況は変わらないんだということです。

もしあのまま男性を避け続けていれば孤独のままでいたと思います。苦手や恐怖を乗り越えられれば理想の彼氏を作れるチャンスは多くなるはずです。

体験談に対するコメント

この体験談のポイントは、恐怖を乗り換える勇気です。

幼少期のトラウマがあったにも関わらず、小さな成功体験で新たな人間関係を築くように思えた点は、大きな希望となります。

この女性が自分の限界を乗り越え、最終的に結婚できたため、多くの方に勇気を与えたのではないでしょうか。

信頼できる婚活サイト・マッチングアプリ|おすすめ3選

最後に、理想のパートナーを見つける手段として、信頼できる婚活サイトやマッチングアプリを3つ厳選してご紹介します。

合コンや街コンと比べ、もっと気軽にアプローチできるため、幅広い方々に利用しやすいのがメリットです。

ゼクシィ縁結びエージェント:信頼性の高い結婚相談所

「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リクルートが運営する結婚相談所で、安心感と信頼性が特徴です。

リクルートの豊富な経験と広告力を活かし、多くの会員が集まり、出会いの機会が広がっています。

特に20代~30代の会員が多く、婚活に積極的な方には最適です。

料金の手頃さも大きな魅力で、リクルートのコスト削減力により年間活動費が151,800円(税込)と、比較的リーズナブルです。

提供されるプランは以下の通りです。

  • 「シンプルプラン」が月9,900円(税込)
  • 「スタンダートプラン」が月17,600円(税込)
  • 「プレミアムプラン」が月25,300円(税込)

プランの詳細や無料カウンセリングの予約は、公式サイトで確認できます。

⇒ゼクシィ縁結びエージェントの公式サイトへ

ペアーズ:若者向けの大規模マッチングアプリ

「ペアーズ」は国内最大級のマッチングアプリで、1500万人以上の利用者がいます。

特に20代の男女に人気があり、若い世代の自由な出会いを求める方に最適な環境です。

運営は株式会社エウレカで、24時間365日の監視体制が整っています。

登録は無料で、男性は月額3,700円(税込)からの料金が発生しますが、女性は基本無料で利用できます。

ペアーズの大きな魅力のひとつは、10,000以上ものコミュニティが存在すること。趣味や興味が合うパートナーを見つけやすく、自然に価値観が合う方と出会えるようになります。

ペアーズについての詳細や登録は、公式サイトで確認できます。

⇒ペアーズの公式サイトへ

ブライダルネット:結婚が真剣な方向けのマッチングアプリ

「ブライダルネット」は、結婚を真剣に考えている方向けのマッチングアプリです。

登録者の98%が結婚を真剣に考えており、ほかの一般的なマッチングアプリと比べても、真剣度の高さが伺えるでしょう。

このアプリの特徴は、カウンセラーが在籍していることです。

充実したサポート体制が整っているため、困ったときや相談したいときにいつでも話しができます。

ブライダルネットは男性だけでなく女性も有料で、月額会費は3,980円(税込)、年間プランでは24,000円(税込)です。

また、カウンセラーから相性が良さそうな人を紹介してもらうサービスもあります。

メッセージの返信率は75%と高く、85%のユーザーが1年以内に結婚を目指しています。

結婚を真剣に考えるユーザーには、検討してほしいサービスです。ブライダルネットについての詳細や登録は、公式サイトで確認できます。

⇒ブライダルネットの公式サイト

まとめ:彼氏ができない理由は多岐にわたる

繰り返しになりますが、彼氏がいない状態に悩む必要はありません。

彼氏ができない理由は多様であり、個々人の性格、過去の経験、自己肯定感の程度、社交の機会の有無など、多くの要因が絡み合っています。

この状況を改善するためには、以下のような対処法が効果的です。

  • 彼氏が欲しい理由を考える
  • 自分の弱点を確認する
  • 自己肯定感を高める
  • 外見を磨く
  • 男性と話す機会を増やす
  • 男性を減点方式で判断しない
  • 打ち込めるものを何か見つける

そして、下記のサービスも活用しましょう。

サービス名特徴
ゼクシィ縁結びエージェント・信頼性の高い結婚相談所
・リーズナブルな料金
・豊富な会員数
ペアーズ・国内最大級のマッチングアプリ
・無料登録が可能
・10,000以上のコミュニティ
ブライダルネット・ユーザーの結婚真剣度の高い
・カウンセラーのサポート
・高いメッセージ返信率

彼氏がいない状態に悩むことはありません。今紹介した対処法やサービスを活用して、あなたに合った恋愛の形を見つけましょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次