メニュー

入園式を休む6つの理由や4つの対処法を解説!休んだ後のフォローが重要

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

入園式は、子どもの成長を祝う大切な節目のひとつです。

しかし、さまざまな事情で参加できない親も少なくありません。仕事の都合や体調不良、家族の緊急事態などいろいろと考えられます。

そんな時、心の中で「本当は参加したかった」「子どもに申し訳ない」と感じるでしょう。

本記事では入園式を休む理由と対処法、そして休んだ後の適切なフォローアップの重要性について詳しく解説していきます。

子どもの大切な日をサポートするために、ぜひ最後までお読みください。

なお、仮に入園式を休んでしまっても記念のために家族写真を撮りましょう。

出張撮影サービス「Fotowa(フォトワ)」であれば、好きな日時と場所で撮影できますし、カメラマンも自由に選択できます。

全額返金保証付きなので、安心して依頼可能です。

Fotowa(フォトワ)公式サイトへ

目次

入園式を休むこと自体は問題ない

結論から言うと、入園式を休むこと自体は問題ありません。

入園式の日、子どもの成長を祝うこの大切な瞬間に立ち会いたいと思う保護者は多いですが、事前に連絡すれば休むことは十分に理解されます。

入園式は、年度のスタートとなる4月1日に開催される場合が少なくありません。

しかし、この時期は会社の入社式と重なったり、繁忙期と重なったりするケースがあるため、時期を調整する園も増えてきています。

実際、4月5日から10日ごろに入園式を行う園が多く存在します。

入園式の目的は?

入園式は、子どもの大きな成長を祝う場としての意義が強いです。幼稚園の場合、満3歳の子どもが入園資格を持っています。たった3年でここまで成長した子どもの姿に、多くの親は感動することでしょう。

さらに、入園式は幼稚園や保育園での新しい生活の幕開けです。集団での行動を初めて経験する子どもたちにとって、社会への第一歩とも言える大切な瞬間となります。

保護者にとっては、ほかの保護者と初めて顔を合わせる機会です。これからの園生活での協力や情報交換の基盤を築くための重要な時間となります。

なお、保育園・幼稚園の入園式で必要な準備について下記の記事でまとめています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

入園式にパパの参加率は?

2011年6月と古いデータとなりますが、サンケイリビング新聞社の調査によると、入園式には87.1%のパパが参加しているようです。

仕事が忙しい中でも、子どもの大切な節目に立ち会いたいという熱意が伺えます。

この数字からも、入園式の重要性と、家族の絆を深める場としての役割が感じられるのではないでしょうか。

親が入園式を休む6つの理由

親が入園式を休む主な理由は、以下の通りです。

  • 仕事を休めないから
  • 出産を控えているから
  • ほかのイベントと重なっているから
  • 感染症が気になるから
  • 体調不良だから
  • 家族で緊急事態が起きているから

それぞれ確認しましょう。

仕事を休めないから

仕事の都合で、入園式に参加できない親は少なくありません。

特に、出張や重要な会議が入っている場合、クライアントや同僚に迷惑がかかるため、予定を変更するのが難しくなります。

営業職などで競争が激しい環境にいる方は、特に共感できるかもしれません。クォータの達成や決算月の数字追い込みは、非常に厳しいものです。

1日の休暇が、今後のキャリアに影響を及ぼす場合も考えられます。

さらに、炎上案件に携わっている場合に入園式などの私用で休むと、自らの睡眠時間を犠牲にして、仕事をすることになります。

出産を控えているから

出産を間近に控えている場合、入園式の日に体調を崩すリスクが考えられます。

特に臨月に差しかかっていると、長時間座ることが困難になりやすいです。

そのため、無理をせずに入園式を休む家庭も少なくありません。長い時間、同じ姿勢で過ごすことは、体に負担を感じることが多く、そのような状況を避けたいと考える方もいます。

その結果、ママの体調を最優先にして、入園式の参加を見送る家庭もいるのです。

ほかのイベントと重なっているから

入園式と他のイベントが同日に重なることがあり、そのために欠席を選択する家庭も少なくありません。

例として、長男の入学式と次男の入園式が同日に設定されている場合、どちらの行事に参加するかの選択が求められます。

また、家族旅行や結婚記念日、親戚の結婚式や重要な記念日など、家族にとって特別な日が入園式と重なるケースもあります。

そのような場合、家族の価値観や状況に応じて、入園式よりもほかのイベントを優先するようです。

感染症が気になるから

特定の感染症が流行している時期や、子どもが感染しやすい状態の場合、集団の中に入ることを避ける親もいます。

子どもが感染症にかかると重症化するリスクもあるため、慎重になっているでしょう。

体調不良だから

入園式の当日、子どもや親が風邪を引いたり、体調を崩したりすることは珍しくありません。

そのような状況では、無理をせず休むのが賢明です。

特に感染症のリスクを考慮すると、体温が37.5℃以上の場合、多くの幼稚園や保育園では参加を控えるよう指示がある場合も考えられます。

家族で緊急事態が起きているから

家族の急病や事故など予期せぬ緊急事態が発生すると、多くの場合に入園式に参加できなくなります。

このような時は、子どもの安全や家族の健康を最優先に考えましょう。大切な入園式を欠席するのは心苦しいかもしれませんが、家族としての絆や責任を果たす方が重要です。

入園式に参加できないときの4つの対処法

入園式に参加できないときは、以下の対処を欠かさずに実施する必要があります。

  • 代理を探す
  • 子どもに埋め合わせをする
  • 事前に幼稚園や保育園に連絡する
  • 後日、先生との面談を設定する

その対処法がなぜ必要なのか?についても触れていくので、チェックしましょう。

代理を探す

子どもの大切な日をサポートするため、可能であれば代理を立てましょう。

自分が参加できない場合、パートナーや両親、親戚に頼めば、子どもは入園式に参加できます。代わりを探して子どもが入園式に参加できるように調整することが大切です。

また、写真やビデオ撮影を依頼できれば、後からその雰囲気や様子を共有できます。子どもと一緒に楽しむことも可能です。

子どもに埋め合わせをする

入園式に親が参加できないと、子どもにとって寂しいものです。後からしっかりと埋め合わせをしないと、後から「パパ(もしくはママ)は入園式に参加してくれなくて寂しかった」と言われてしまう場合があります。

そのため、子どもの行きたい場所に出かけたりプレゼントしたりなどして、その気持ちを埋め合わせた方がいいでしょう。

子どもであっても、寂しさは簡単には消えず、長く残る場合があります。

子どもの気持ちを大切にし、一緒に過ごす時間を増やし、その寂しさを和らげることが重要です。

事前に幼稚園や保育園に連絡する

入園式を欠席する場合、電話などの方法で必ず事前に園に連絡してください。無断欠席をしてしまうと、入園式の手配で影響が出る場合が考えられます。

欠席が決まった時点ですぐに伝えましょう。

後日、先生との面談を設定する

入園式を欠席した場合、後日先生との面談を設定することをおすすめします。入園式での説明や情報は、子どもの園生活をスムーズに進めるために欠かせないからです。

特に、代理での参加だった場合、全ての情報が伝わっていない場合もゼロではありません。先生と直接コミュニケーションを取ると、子どもの初日の様子やその後の状況、園の方針などを深く理解できます。

また、先生との関係性を築くためにも、このような面談は非常に有効です。親としての関心や協力の意志を示すと、今後の園生活においてもコミュニケーションがスムーズに進むでしょう。

次回の行事に向けてのアクション

入園式が終わったとしても、幼稚園や保育園の行事はこれからも続きます。親として参加できる行事では、子どもに来てほしいと言われるケースもあるでしょう。

そのため、以下の2点を特に意識して行動することが大切です。

  • 早めのスケジュール確認
  • 代理の確保の計画

具体的な内容は、以下の通りです。

早めのスケジュール確認

大切なのは、次の行事やイベントの日程を早めに把握し、カレンダーに記入することです。仕事や家庭のスケジュールとの調整を早めに行い、必要なら休日を取得します。

また、園のホームページやSNSなどを活用して、次の行事やイベントに関する情報を事前に収集し、準備を怠らないようにしましょう。

代理の確保の計画

次回の行事でも自分が参加できない場合、早めに代理を立てることが重要です。その際、子どもに参加できない理由を説明し、感じている気持ちや期待を確認してください。

親が幼稚園や保育園の行事に参加できないと、その影響を子どもがどのように感じているかを理解しましょう。

親としての今後の接し方を考える上で、大切な指標となります。

ちなみに、著者は保育園に通っていましたが、親ができれば参加しなくていいと思っていました。友だちとの接し方などを見られるのが恥ずかしかったからです(笑)

入園式に参加できなくても家族写真が必要な理由

代理の有無にかかわらず、入園式に参加できなくても、以下の理由から家族写真を撮りましょう。

  • 記念の瞬間をキャッチできるから
  • 子どもの自信や安心感を高められるから
  • 家族の絆を深められるから

順番に見ていきましょう。

記念の瞬間をキャッチできるから

入園式は子どもの成長の中で特別な節目となります。式に直接参加できなかったとしても、その日の家族写真を残すことで、その瞬間を後からも感じることが可能です。

写真は時の流れに影響されず、その瞬間の感情や状況を鮮明に伝える力があります。家族の歴史の一部として、大切に受け継がれる価値としては十分ではないでしょうか。

何十年後になっても、その写真を見ると当時の気持ちや家族の絆を感じ取れます。

子どもの自信や安心感を高められるから

家族写真を撮ると「パパもママも私を応援している」というメッセージを強く伝えられるため、子どもの自信や安心感が高まります。

特に、新しい環境でのスタートには不安がつきものですが、家族のサポートを感じると、その不安を和らげることが可能です。

家族の絆を深められるから

家族での写真撮影は、一緒に過ごす特別な時間となります。このような時間を共有することで、家族の絆がさらに深まるでしょう。

また、特別な日に家族全員が一緒にいる意義や大切さを再認識でき、日常の中での家族の関係性をより良くできます。

家族写真ならFotowa(フォトワ)がおすすめ

家族写真を考えているのであれば、Fotowa(フォトワ)を検討してみてはいかがでしょうか?カメラマンの出張撮影を行うマッチングサービスで、日時や場所はあなたの方で選択できます。

 以下の理由から多くの方が利用しています。

  • 撮影実績が豊富
  • シンプルな料金プラン
  • カメラマンを選べる
  • 全額返金保証付き

詳細は以下の通りです。

撮影実績が豊富

数ある写真撮影サービスの中で、Fotowaは100,000件を超える撮影実績と、平均4.9点の高評価(5点満点中)を誇ります。

多くの口コミや評判から、利用者の満足度の高さが伺えますね。

Fotowaは写真撮影の新しい常識を打ち立てるマッチングサービスです。従来は大手写真スタジオを訪れることが主流でしたが、自分の希望する日時や場所でカメラマンに撮影を依頼できます。

自分の都合のいいときに、自分が望む場所で撮影が可能というのが最大のメリットです。思い出の場所や時間に、写真を撮りたい方にはぴったりのサービスとなります。

シンプルな料金プランで分かりやすい

Fotowaはシンプルな料金プランを採用しています。

  • 平日の場合:21,780円(税込)
  • 土曜日・日曜日・祝日の場合:26,180円(税込)

上記の料金には、75枚以上の写真データ、フォトグラファー指名料、60分間の撮影料、出張料など、全てが含まれています。

大手写真スタジオや出張撮影サービスの場合、オプションの考え方が分かりにくく追加料金が発生しやすいですが、Fotowaはシンプルな料金体系です。

カメラマンを選べる

Fotowaでは、自分の好みやニーズに合わせてカメラマンを選べます。カメラマンのプロフィールは詳細に記載されており、選びやすいのが特徴です。

また、Fotowaに登録しているカメラマンは、低評価を受けると次回以降の依頼が少なくなるシステムが採用されているため、常に質の高いサービスを提供するよう努力しています。

そのため、依頼者とのコミュニケーションもスムーズで、ストレスを感じにくいのが特徴となっています。

特にカメラマンの中には、子どものいる方も多く入園式関連の写真撮影に慣れているため、安心して依頼できます。

全額返金保証付き

撮影データがアップロードされてから、2週間以内の手続きなど条件を満たしていれば、返金保証に対応しています。

以下からフォームを送信すれば、翌月に指定口座に振り込みされます。
https://fotowa.com/refund

エリアは日本全国です。無料会員に登録すると、撮影時に使えるクーポンや撮影時のアイデアなどが届きます。

まずは、無料会員登録からお試しください。

⇒Fotowa(フォトワ)公式サイトへ

入園式を休むに関するよく質問

入園式を休むに関するよくある質問をまとめました。

入園のお祝いの相場はいくらですか?

入園のお祝いの相場は5,000円~30,000円です。間柄によって金額が異なります。詳細は「入園・入学祝いの相場はいくら?|関係性別の金額や注意点を解説」で解説しています。

保育園に途中入園する場合は入園式はありますか?

途中入園の場合、一般的には専用の入園式は開催されません。通常の入園式は年度初めに新しいクラスの子どもたち全員を対象に開催されます。途中入園の場合、多くの保育園では個別に手続きする必要があります。

まとめ:入園式は休んだら後処理が大切

入園式は、子どもの成長の大きな節目となる行事です。

しかし、さまざまな事情で親が参加できない場合もあります。そのような場合、以下のような対処法を考慮しましょう。

  • 代理を探す
  • 子どもに埋め合わせをする
  • 事前に幼稚園や保育園に連絡する
  • 後日、先生との面談を設定する

その理由は、子どもの気持ちを大切にし、家族の絆を深められるからです。入園式は大切な行事ですが、それ以上に大切なのは、家族の絆や子どもの気持ちをどのようにサポートするかではないでしょうか?

入園式に参加できなくても、家族で記念撮影は次の理由からマストです。

  • 記念の瞬間をキャッチできるから
  • 子どもの自信や安心感を高められるから
  • 家族の絆を深められるから

Fotowaのような写真撮影サービスを利用すれば、入園式を欠席した場合でも、家族写真を残すことが可能です。

Fotowaは、自分の好みやニーズに合わせてカメラマンを選べるため、質の高いサービスを提供しています。

⇒Fotowa(フォトワ)公式サイトへ

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次